スポンサーサイト

2015.11.18 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    秋の夜・お茶会にて

    2014.09.06 Saturday

    0


      昨夜、すてきな時間を過ごすことが出来ました。
      大阪市内、中崎町の町家の一室で開かれました「お茶会」に参加させて頂きました。
      建築家の”文草舎”さんの事務所を開放されて、お茶・お花・空間を
      時と共に、感じるがままに過ごすという、何とも心地よい時の演出でした。



      お花は、これからCrossのイベントでもお世話になります。
      kfleurs さんが活けられています。
      落ち着いた佇まいの部屋の各所に活けられた草木は、Kさんらしい、凛としたものを感じさせるものばかりでした、
      お茶会のテーブルにも、数々の草木が登場して、胸がわくわくしました。



      お茶は 箕面市にあります、 茶小屋 李舟 さんが
      丁寧に丁寧に、一杯のお茶を淹れて下さりました。
      背筋を伸ばして、少し緊張しながら、李舟さんの穏やかな口調で語られる
      お茶のお話し、とても興味深く聞き入りました。

      お茶杯を、片手で持つのと、両手で持つことでさえ
      味に違いを感じるそうです。
      これは、お茶を飲む側の心の在り方が、味に大きく影響を与えることが
      あるそうです。
      まとめてお茶を作り、それを各茶器に淹れることと
      一人一人の茶器に、一杯づつ、淹れると、それぞれに微妙な味の変化がありますが
      一人一人に対しての心配りができることの方が、お茶を通して、人との繋がりも大切に
      できる。そんな、李舟さんの思いに触れることができました。

      夏の暑さが、まだ続いている日々の中で
      家でお茶をこんなに、ゆっくりと飲むことは・・・・最近は無かったように思います。

      改めて、一杯のお茶・お花・空間・
      身近に細やかな贅沢を感じることができるものを、
      気付くことが出来なかったり、心を置き忘れたかのように
      時間を慌ただしく過ごしてしまっているのかもしれません。



      お茶の香りを飲み終えた茶器から感じてくださいと云われ、
      ふっーと息を吹きかけると、お茶の香りが拡がり、お茶を飲んだような心地になりました。

      秋の夜。少し心豊かに過ごせた時間でした。

      cross

       
      1