スポンサーサイト

2015.11.18 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    夏至のころ

    2014.06.20 Friday

    0


      2014年の夏至は明日、6月21日です。
      調べてみると3年連続、6月21日、そしてその翌年は6月22日と日が変動します
      2015年は6月22日が夏至になります。
      天文学の事は詳しくはわかりませんが、太陽の動きを分割して計算されるようです。
      二十四節気の第10にあたる、夏至は一年のうちで最も昼の時間が長い日です。
      これは太陽の移動速度がやや遅くなるそうです。

      世界各国で夏至の行事が行われますが、ヨーロッパの方では、以外にも夏至の日は
      未婚の女性の未来の伴呂を占う日でもあることを知り興味がわきました。

      北欧・スウェーデンでのすてきなおはなし
      夏至の夜に未婚の女性が7種類の草花を枕の下に置いて寝ると、未来の夫の夢が現れたり恋が叶うという
      言い伝えがあります。(とっても興味深いです!やってみようかな。。?)

      日が長くなると、部屋のあかりを灯す時間も、いつもより遅くなります。
      なんとなくうす暗いと感じる時に、キャンドルを灯すと、何ともいえない
      安らぎ感があります。

      小さな灯りに幸せな気持ちが集まるかのように・・・

      大切な人への思いも、いつも この灯りの中に込められていると
      信じたいです。

      Cross


       

      スポンサーサイト

      2015.11.18 Wednesday

      0
        関連する記事
        コメント
        コメントする