スポンサーサイト

2015.11.18 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    一粒舎のワークショップ開催しました。

    2014.11.16 Sunday

    0


      神奈川県・葉山のアトリエで革の鞄・靴・小物など、一つ一つ丁寧に手作りされている
      一粒舎さん。
      北の住まい設計社の店で何度か展示・受注会を開催させて頂きました、そのご縁で今現在も
      お付き合いいただいています。

      今回は、11月15日、16日と大阪、堺で開催されています、クラフトフェア「灯しびとの集い」に出店される
      目的で来阪されました。一足先に、こちらに立ち寄り頂き、短い時間でしたが
      一粒舎さんの作品作りに、ご興味ある方たちのご参加によりワークショップを開催しました。

      今回、使用した革は、鞄などの作品を作る際に出来た端切れを使い、可愛いサイズのミニバスケットに挑戦しました。
      タンニンで鞣された革は使い込んでいくと風合いが良くなります。
      この革はイタリア製の革で、ヨーロッパでは食肉用として飼われている牛の革を利用しています。

      牛たちの大切な命を頂き、無駄のないように使いきることが理想ですが
      細かな物を作り出すことは、とても手間のかかることです。

      今回、ワークショップに参加くださった方は、きっと、実感して頂けたと思います。
      そのように苦労して完成されたものは、愛おしく、長く長く、手元に置いておきたくなる
      そんな思いを抱かせてくれるのではないでしょうか・・・






      色々なカラー・一つ一つ、作る人の手によって編み具合などが違っています。
      同じ形のバスケットでも、個性が出ます。
      どれもいい感じでした。
      きっと、今頃、何を入れようかなぁ・・・なんて考えているのかな?と
      私は想像しています。

      一粒舎さん、ご参加いただきましたみなさん、お疲れさまでした。
      そして、楽しい時間をありがとうございました。




      Cross