スポンサーサイト

2015.11.18 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    「草の輪」ワークショップ・開催しました。

    2014.09.12 Friday

    0


      野の草花、秋の実りをあしらった、草の輪を作るひととき。
      9月9日、10日 2日間、 kfleurs さんにレッスンをしていただき
      chouquetteさんのお菓子とパレデテの紅茶でのお茶タイムは至福の時間でした。




      オリーブをベースに、アナベル・バーゼリア・コニカル・日扇の実・雄山火口・野ばら・山芋・ユーカリ
      今は、まだ、暑さが残る日々が続いているので、この緑の草の輪に清涼感を感じるのですが
      日を追うごとに、秋色に変化する様子を愉しみながら、飾ることができます。



      それぞれに、思い思いに作れらた「草の輪」
      皆さんの個性が溢れていましたね。
      伸び伸びとしたもの、慎重に花や実のポジションを考えて作れらた方。
      見ている方も愉しかったです。



      chouquetteさんのお菓子も、丁寧に心を込めて作って下さったものばかりで
      心ゆくまで堪能しました。
      ●ガトーフロマージュ クリーミーなフランス風のチーズケーキ。(フランスでは、食後にチーズを頂くので、デザートとして
      チーズケーキを食べることがあまりないそうです。)
      ●タルト ドフイノワ キャラメルで絡めたくるみをサンドしたタルト。
      ●赤ルバーブのコンポート
      ● 紅茶は フランスのル・パレデテのグールースセット・アグリュム
       7種類の柑橘の爽やかなフレーバーティーでした。

      *紅茶は10月29日、11月26日に「小さなお茶会」を開催しますので、その際に
      また、色々なお茶を、ご紹介お試し頂きます。
      こちらも詳細は改めてご案内致しますが、ご興味のある方、事前にお問い合わせください。

      今までも何度もワークショップをして下さったkfleursさん
      いつもながら、センスの良さには感動します。
      kさんが選ぶ花や草を手に取る度に、Kさんの心の澄みきったものを
      手にしているようにさえ感じます。

      山芋の蔓で、少し遊んでみました。

      自然のものたちは、何も加えなくても
      そのものに、全ての魅力があること、それらを
      受け止め、感じることができる、
      心があることが、
      大切なことだと感じます。



      ご参加頂きました皆様、
      素敵な草花との出会いを下さった、kfleursさん
      美味しいお菓子を作って下さった、chouquetteさん
      心よりお礼申し上げます、ありがとうございました。

      次回、12月はXmasリースのワークショップを予定しています。
      詳細は決まり次第にブログで、ご案内しますが、ご興味のある方
      事前にお問い合わせください。

      crossic.style@gmail.com

      Cross
       

      「風に吹かれて・バッグ」展のご案内

      2014.09.07 Sunday

      0
        「風に吹かれて・バッグ」展 atelier Montauk

        10月3日 金曜日・4日 土曜日
        AM11:00〜PM17:00
        *作家 TOMOMIさんは、両日在店されています。

        場所:阪急京都線  大阪モノレール 南茨木駅 徒歩 5分
        ご予約制となっております。
        お越しいただく際に、場所の詳しいご案内致します。

        問合せ先:crossic.style@gmail.com
           (返信の受信設定を、お願いします。)

        アトリエ・モントークさんの素敵なバッグ・小物を
        この秋に、ご紹介出来る機会を頂きました。



        今回の「風に吹かれて・バッグ」展に対する思いは

        作家のTOMOMIさんは、旅がとっても好きで、
        風に吹かれながら歩く姿が印象にあります。

        そして、彼女の発想力・想像力 + バッグを持つ人への粋な心遣いを感じるデザイン。
        TOMOMIさんの魅力、思いが一つ一つの作品に宿り、
        どれもが、生き生きと感じます。

        そんな、バッグや小物たちに出逢いにいらしてください。

        当日は、TOMOMIさんとCrossがお薦めします、
        やさしい味のお菓子の試食・販売も行います。
        こちらも、お楽しみにお越しください。

        秋風に吹かれて・・
        お待ち申し上げます。

        Cross


         

        秋の夜・お茶会にて

        2014.09.06 Saturday

        0


          昨夜、すてきな時間を過ごすことが出来ました。
          大阪市内、中崎町の町家の一室で開かれました「お茶会」に参加させて頂きました。
          建築家の”文草舎”さんの事務所を開放されて、お茶・お花・空間を
          時と共に、感じるがままに過ごすという、何とも心地よい時の演出でした。



          お花は、これからCrossのイベントでもお世話になります。
          kfleurs さんが活けられています。
          落ち着いた佇まいの部屋の各所に活けられた草木は、Kさんらしい、凛としたものを感じさせるものばかりでした、
          お茶会のテーブルにも、数々の草木が登場して、胸がわくわくしました。



          お茶は 箕面市にあります、 茶小屋 李舟 さんが
          丁寧に丁寧に、一杯のお茶を淹れて下さりました。
          背筋を伸ばして、少し緊張しながら、李舟さんの穏やかな口調で語られる
          お茶のお話し、とても興味深く聞き入りました。

          お茶杯を、片手で持つのと、両手で持つことでさえ
          味に違いを感じるそうです。
          これは、お茶を飲む側の心の在り方が、味に大きく影響を与えることが
          あるそうです。
          まとめてお茶を作り、それを各茶器に淹れることと
          一人一人の茶器に、一杯づつ、淹れると、それぞれに微妙な味の変化がありますが
          一人一人に対しての心配りができることの方が、お茶を通して、人との繋がりも大切に
          できる。そんな、李舟さんの思いに触れることができました。

          夏の暑さが、まだ続いている日々の中で
          家でお茶をこんなに、ゆっくりと飲むことは・・・・最近は無かったように思います。

          改めて、一杯のお茶・お花・空間・
          身近に細やかな贅沢を感じることができるものを、
          気付くことが出来なかったり、心を置き忘れたかのように
          時間を慌ただしく過ごしてしまっているのかもしれません。



          お茶の香りを飲み終えた茶器から感じてくださいと云われ、
          ふっーと息を吹きかけると、お茶の香りが拡がり、お茶を飲んだような心地になりました。

          秋の夜。少し心豊かに過ごせた時間でした。

          cross

           

          「森のおはぎ」の心意気。

          2014.09.04 Thursday

          0


            先日のワークショップのお礼に、大阪 北新地にあります。
            森のおはぎさんのお店”森のお菓子”を訪ねました。

            こちらは、岡町の本店とは、少し周辺の様子も違って
            賑やかな街中のお店、人の行交うスピードも速く、多くの人の流れがあります。
            そんな中で、センスがきらりと光る、”森のお菓子”の白い看板。

            今日、改めて、森さんとゆっくりと色々なお話しをする中で
            森さんが、お客さまにお声掛けする言葉の中で、意識していることが

            ありがとうございましたの後に
            ・・・・お気をつけて」という言葉をかけるようにしているとのこと。

            お店をしていると、来店して下さるお客様との出逢いは
            一瞬、一瞬というか一コマ一コマ、同じシーンはないのです。
            そして、次の瞬間に必ず、お会いできる保障はどこにもなく、
            今のこの一瞬を大切に、一期一会の世界観です。

            だからこそ、この”お気をつけて”という言葉には
            森さんの、お客様に対する温かな思いやりが込められているのです。

            きっと、それは、森さんの作るおはぎの一つ一つにも繋がってるように感じます。



            先日のワークショップで出会えたみなさん。

            本当にありがとうございました。

            今日は森のおはぎの味を、温かなほうじ茶と共に戴きました。

            Cross
             

            森のおはぎワークショップ 開催しました。

            2014.09.01 Monday

            0


              8月31日 日曜日、夏休み最後の日・・・
              ひと夏のよい思い出の日となりました。

              森のおはぎさんの人気は、現在も上昇中。
              そんな中で、今回無理をお願いして開催しました
              森のおはぎさんのワークショップ。

              ”Salon de Ann”
              いつものワークショップのスタイルを少し、ゆったりとした心地で過ごして頂けるように
              万博公園にほど近い、閑静な住宅街の中の一軒家でのひととき。
              お菓子の方も、特別にご用意して頂いたお菓子とお茶を召し上がって頂き、
              お越し頂きました、お客様には大好評でした。

              みなさんの、美味しものを食べた時の満足な、すてきな笑顔と「ありがとう」の言葉に、
              こちらまで幸せな気持ちにさせて頂き、本当にありがとうございました。

              ご参加下さった皆様、森さんご夫妻、スタッフ。
              みんなに感謝申し上げます。





              また、このような愉しいイベントをこれからも企画していきますので
              みなさんと、お会いできる機会がこの秋から増えていきます。
              随時このブログでご案内していきますので、是非、ご参加ください。



              ご連絡先 crossic.style@gmail.com

              Cross






               

              金沢21世紀美術館への小旅行

              2014.08.21 Thursday

              0


                金沢21世紀美術館へ行く!というのが、この夏の一つの目標でした。
                SANNA・妹島 和代 + 西沢 立衛の設計した美術館、とっても興味がありました。
                今回そこで、”中村 好文 小屋においでよ!”展が8月31日までの開催ということで
                急いでサンダーバードに乗り日帰りの金沢の旅をしました。
                お天気もそこそこに持ってくれて、丁度よい感じの曇り空。

                中村さんの建築には、以前より興味を持っていました。
                住まい作りの基本にある、小屋の暮らし方。
                コンパクトだけでなく、心地よさや、エネルギーの使い方など
                なるほど・・・と感じることばかりでした。



                メインの展示は
                ”レアンドロ・エルリッヒ ありきたりの?”展、せっかくなので
                勿論、こちらも観てきました。

                涼しい気持ちになりましたよ。


                プールの水の、上と下とが体験できる展示になっています。
                これだけ暑いと、この水を見ているだけで、涼しくなります。

                最後は、行ってみたかった、ガラス作家 辻 和美さんのお店
                factory zoomer 
                犀川沿いにある素敵な佇まいのShopでした。
                暑い中、歩いた後に頂く、よもぎ茶が美味しかったです。
                辻さんのロックグラスも、ずっしりと重みがり”花”のカットグラスは
                氷とお茶の色をきれいいに映し出します。



                先日行きました、神戸市立博物館での
                「ギヤマン展」で、目にした、数々の切子のガラスを思い出しながら
                以前は、カットガラスにあまり興味を持ちませんでしたが、
                最近、このカットガラスの良さを自分の目線でいいな・・と感じるようになってきました。

                cross


                 

                ノラニンジン

                2014.08.18 Monday

                0


                  先日、”ノラニンジン”の種を頂きました。
                  ”野良人参”の意で、たくましい名前。ヨーロッパ原産とされ英語では
                  ”クイーンアンズレース”(アン女王のレース)という上品な名前もあるのです。
                  ニンジンの野生種でもると云われています、
                  花はレースフラワーのような可憐でかわいい花なのですが
                  根っこの形状は、ニンジンをイメージさせることから
                  ニンジンの仲間であることを証明しているかのようです。。。

                  ”ノラニンジン”という和名は植物学者である
                  牧野 富太郎博士が名付けたと言い伝えられています。



                  以前に
                  高知県立牧野植物園を訪ねた際に、名もなき野草を、これほどに
                  愛おしく、観察されたのかと感心したことを思い出しながら
                  ”ノラニンジン "
                  早速に、ベランダのプランターに植えてみました、
                  芽が出ること願ながら・・・

                  牧野 富太郎博士が自叙伝で残した言葉の中に

                  「私は植物の愛人としてこの世に生まれてきたように感じます。
                  或いは草木の精ではないかと、自分で自分を疑います。」

                  この言葉に、自分の思いを傾けることができるものがあることは
                  生きる上での、支えになること、改めて感じることができました。

                  cross

                  クダモノトケイソウ

                  2014.08.12 Tuesday

                  0

                    南国の夏の香り・・・
                    大好きな奄美大島からのお土産に頂きました。

                    パッションフルーツ。和名は果物時計草(クダモノトケイソウ)
                    時計のような花のトケイソウの仲間、
                    英語ではトケイソウをpassion flowerと呼ぶことからpassion fruitの名が付けられました。
                    「情熱」の意味ではないそうです・・・

                    濃い赤紫色の表皮に皺が現れ始めると、追熟が進み、酸味が減少してより甘味を感じることができます。
                    そのころになると、独特の香気が漂いますので、食べごろサインも分かり易いです。

                    小さく堅い種と黄色のゼリー状の果肉と果汁を、口の運ぶ時には爽やかで濃厚な香りが
                    口の中に広がります。

                    以前、奄美大島を訪れた際に、郷土料理を出す店で教えてもらった食べ方。

                    それは、輪切りにしたパッションフルーツの中身をスプーンで種を混ぜながら
                    その中に、奄美の名産”黒糖焼酎”を淹れて飲むのです。
                    パッションフルーツの味と香りが濃厚で、焼酎が、また、地元のものなので
                    相性が良いのでしょうか・・極上の果実酒かも。
                    忘れられない味の一つです。

                    果物の栄養分としては、βカロテンを多く含み、アンチエイジングにも役立つといわれています。
                    カリウムも多く含むので高血圧予防にも期待できるそうです。

                    夏の香りと味に
                    暑い日々の中,
                    愉しみが、一つ出来ました。

                    cross